「君が死ぬ夏に」を読んだ感想 あ^〜沙希ちゃんが可愛えんじゃぁ^〜

大柴健の漫画「君が死ぬ夏に」を読んだ感想を掲載。ヒロインの沙希ちゃんは可愛いし、事件の真相も気になるし、これは良作。早く続きが読みたいです。
MENU

「君が死ぬ夏に」を読んだ感想 あ^〜沙希ちゃんが可愛えんじゃぁ^〜

表紙の絵の可愛さと、タイトルの不穏さに惹かれ「君が死ぬ夏に」という漫画を最新の3巻まで読みました。

 

表紙の絵にピンと来た通り、ヒロインを始め女の子のキャラクターが可愛い(*´Д`)ハァハァ

 

そして、誰がヒロインを殺した犯人なのか気になる構成となっており、期待した以上の良作品でした。

君が死ぬ夏にのあらすじ

高校2年生の山野智也(やまのともや)はある日、想い人である谷川沙希(たにがわさき)の幽霊と出会う。

 

しかし、おかしいのだ。沙希は生きている。なのに幽霊が同時に存在している。

 

どうやら幽霊の沙希は、未来から来ているらしく、誰かに殺されたらしい。だけど、誰に殺されたかは覚えていない。

 

どうやら自殺した同級生・西田の死の真相を知ってしまったことが、殺された事と関係しているらしく・・・。

 

智也は幽霊の沙希と共に、沙希殺しの犯人と、西田の死の真相を探るべく動き出す。

 

そして、この時系列の沙希は絶対に死なせないと誓うのだった。

君が死ぬ夏にの主な登場人物

山野智也(やまのともや)
この漫画の主人公。幼馴染の香奈や笹倉と共にバンドをやっている。
推理小説の影響からか、失くし物を探したり、真相を解明する推理力に長けている。
沙希とは中学も同じ学校で、中学生の時から沙希が好きだった。

 

谷川沙希(たにがわさき)
この漫画のヒロイン。未来からやってきた幽霊。
智也と同じ時系列ではまだ生きているが、1ヵ月以内に死んでしまう。
幽霊の沙希は智也にしか見えないし、智也としか喋れない。
しかし、ぬいぐるみなどに憑りつけば、他の人間とも話せる。
智也同様、智也の事を中学生の時から想っていた。

 

沖浦香奈(おきうらかな)
智也の幼馴染。普段から智也にべったりなため、沙希から"智也と付き合っている"と誤解されてしまう。

 

笹倉(ささくら)
智也の一番の男友達。智也が沙希の幽霊の事を話すと、馬鹿にせずすぐに信じてくれた。

 

翔(しょう)
沙希の幼馴染。智也は"沙希と翔が付き合っている"と誤解していた。

君が死ぬ夏にの感想

冒頭でも書いた通り、女の子が可愛い・・・つーか、ヒロインの沙希ちゃんがめっちゃ可愛い(*´Д`)ハァハァ

 

作者さんも狙っているんだろうけど、あのあざとい八重歯がチャームポイントになってて、めっちゃ萌えるで。

 

智也と生身の沙希ちゃんがイチャついているのを見て、幽霊の沙希ちゃんが嫉妬しているのには、とてもニヤニヤさせられたwお前ら同一人物だろ、とw

 

智也と沙希のイチャイチャを見ているだけでも十分に楽しめるんだけど、そこに"沙希や西田の死の真相"という謎もあるから、更に面白い。

 

俺としては、沙希ちゃんの幼馴染の翔がクサイと思ってる。なんか智也を見る目が敵意に満ちている感じで、沙希ちゃんを想っているのは間違いない。で、沙希ちゃんへの想いを拗らせて、何かやっちゃいそうな雰囲気がプンプンする。

 

衝動的に読み始めた漫画だけど、これは最後まで読みたいと思える漫画でした。早く4巻出てくれ〜。

このページの先頭へ